自由広場(70mX50m)の利用案内

開放期間は4月下旬~11月初旬。利用の仕方に制限がある。
問合せ 011-211-2536(札幌市環境局みどりの推進部みどりの管理課)
利用料金は1日9,200円、半日4,600円

地下鉄幌平橋駅より徒歩5分、中島公園駅より徒歩7分。


横幅70m縦幅50mの自由広場では各種イベントが開かれている。


イベントがない日は、自由な遊び場になっている。

自由広場で行われているイベント

フリマ(フリーマーケット)

4月の中旬以降、春に開かれる最初のイベントはフリマ。

メーデー

5月1日は労働者の祭典メーデー会場。もう一つの会場は大通公園。

園芸市

毎年5月3日ごろから22日ごろまで開催される。

札幌まつり

6月14日~16日の三日間は「札幌まつり」。 中島公園が一番賑う日。午後になると混雑して写真等撮れないほどだ。 この写真は混雑を避けて朝撮った。露店は園路に並び、自由広場はオートバイサーカス等の見世物小屋が建つ。

さっぽろ元気まつり

8月初旬の土日2日間はミニ鉄君でお馴染み「さっぽろ元気まつり」。

スケートボード競技会

冬季閉鎖

以前は「ゆきあかりin中島公園」の会場になったこともある自由広場。

自由広場 ある日の風景

フリマの日

フリマ前の朝


2012年4月23日
中島公園パーフェクトガイド

中島公園の施設(利用案内を含む)

中島公園の野外彫刻
札幌コンサートホールKitara
北海道立文学館
日本庭園・八窓庵(国指定重要文化財)
豊平館(国指定重要文化財)
札幌市人形劇場こぐま座
札幌市天文台
中島児童会館
札幌市中島体育センター
中島公園庭球場(テニスコート)
ボートハウス(貸しボートと食堂)
自 由 広 場
鴨々川水遊び場
遊戯(ちびっ子)広場
飲食 ・ 売店(中島公園内)
冬季閉鎖施設

過去に自由広場で こんな行事があった

自由広場は自由に使える空間。 過去にもいろいろなイベントがあった。 

ゆきあかりin中島公園

現在のメイン会場は地下鉄中島公園駅直ぐ傍の九条広場だが、2007年、2008年当初は自由広場がメイン会場だった。

アーティスティックな雪のオブジェ。
夜には灯りが灯りいっそう美しくなる。


自由広場には子供たちに人気の雪の滑り台もつくられた。 手前は雪明り。

ホワイトロックin中島公園

第1回サッポロ・シティジャズ2007年

サッポロ・シティ・ジャズ(ホワイトロック)の1回目は2007年に中島公園で開かれた。
(2回目以降の会場は大通公園)

少しだけ心温まる話

大型テント設営工事の監督は外国人みたいだ。 大勢の作業員のために弁当とおやつのドーナツを持って来ているのだが、カラスのことを何も知らない。 

ドーナツの箱を開けっ放しにして置くものだから、カラスがドーナツを4つも持って行ってしまった。 

更に昼食の準備の為か、弁当を箱から外に出して並べている。  たまりかねて「カラスが持っていくから、箱の中にしまいなさい」と注意してやった。 

そばにいた日本人の女性はきょとんとしていたが、外国人はニッコリ笑って「サンキュウ」と言った。

ベンチで昼寝していたら、肩を軽くたたかれた。見ると先ほどの外国人がニッコリ笑って飲料とドーナツを差し出した。 

オレは元社長だから、他人から施しを受けるのは嫌なのだが、今回は気分がよかったのでもらってやった。
以上は「公園のオジサン」の話。


完成したミュージックテント。この中でジャズ・コンサートが開かれた。


ちょうどその日は豊平川花火大会開催中。ホワイトロック会場の自由広場から、花火を観ることができた。

北海道マラソン

2008年までは中島公園が到着点。


画像の左がフィニッシュ、右がテレビ中継の大画面。右下は観覧席の一部。


設営された観覧席。


満席の観覧席。 自由広場は、このような大きなイベントの主会場になっていた。
今になってみれば懐かしい。

自由広場 ある日の風景

札幌まつり準備中の自由広場。

札幌まつりを迎えた自由広場

雨のメーデー

「さっぽろ元気まつり」の乗り物

ページのトップへ戻る