調べた訳ではないが日本で一番小さな公立天文台だそうだ。1958年の開館。20cmの屈折望遠鏡で昼は太陽を観察(太陽黒点)夜は星、観望会参加無料。豊平館とキタラの中間の丘にある。昔、岡田山と呼ばれていた。

札幌市天文台建物外観

札幌市天文台利用案内概要

中島公園にある天文台で、何が観望できるか、簡単に説明をする。 

 昼間公開概略

公開時間: 10時~12時、14時~16時 観察対象: 太陽
休館日: 月曜日、火曜午後、祝翌日、年末年始

 夜間公開の概略(詳細は公式サイト参照)

春夏秋冬の星座を観測。時間は18時~22時の特定時間、季節によって異なる。観測日は金・土・日・月の特定日。 雨天・曇天時、観望中止。正確には公式サイトを参照(問合せ先電話番号も公式サイトに記載)。
詳細は公式サイト参照 → 札幌市青少年科学館・札幌市天文台

天文台スタッフから一言

天文台担当者から「中島パフェ」訪問者へ一言頂ました。
『こんな街中で星が見られるのですか?』とお客様によく聞かれます。『明るい星や月、惑星ならば十分に楽しめますよ』とお答えしています。街中にあるのは、むしろアクセスがよくご利用いただきやすいといえます。土星の環、星の誕生現場、目で見るとひとつなのに望遠鏡で見るとふたつに見える天体など、夜間公開での観望対象は盛りだくさんです。街中の天文台から、宇宙に触れてみませんか。昼間の太陽観望でのご利用もお待ちしております。(2011.12.21KH)

2015年4月4日19時~21時 皆既月食観望会


画像は皆既月食当日、11時頃の札幌市天文台。
地球の影に満月がすっぽりと入る皆既月食が昨年10月に続き起こる。部分月食の始まり19時15分、皆既月食20時54分~21時6分、部分月食の終わり22時45分。札幌市青少年科学館よる撮影画像→皆既月食の撮影を…

2012年5月21日 札幌市天文台 日食観望会

太陽の大部分が欠ける部分日食(最大食分0.84)詳細→ 日食観望会
食の始め6時33分07秒、食の最大7時49分49秒、食の終わり9時17分35秒。日食観望会時の天文台周辺の様子はこちら → 天文台で日食観望会


日食観望会参加者に説明する札幌市青少年科学館スタッフ。


天文台のある岡田山は600人の参加者で埋め尽くされた。

天文台ドームに入ってみよう!

札幌市天文台内部
2010年1月16日、東京からのお客さんをお連れして初めて天文台の中に入ってみた。近くに住んでいても敷居が高く感じる天文台である。公開されているのに、私が勝手にそう思い込んでいるのだ。 

例えば、私が一人で天文台に見学に行ったとする。施設に入る以上、目的を言わなければならないだろう。
「こんにちは、星を見に来ました。よろしくお願いします」
「星は暗くならないと見えません。夜に来て下さい」
「夜は風邪をひき易いのでダメです」

「太陽なら見えますよ」
「ありがとうございます。しかし、目がつぶれないでしょうか?」
「嫌ですね。黒点観測はいろいろな方法があるのですよ」
「コクテン?」 目が点になる。
簡単な予備知識はこちら → 札幌市天文台(ウィキベディア)

天文台スタッフから一言で分かった。 土星の環は肉眼では見えないが、それが見えるのだ。 土星の環を是非見たい。 天文台に行こう

札幌市天文台や天文についての詳細情報は文末のリンク

勉強よりもノンビリと公園を散歩する方が好きだ。どうしても勉強というならば、理科よりも社会科、特に歴史が好きだ。現代史と郷土史に興味がある。

現代史+郷土史=中島公園の歴史。数学が苦手と言っても、これくらいの計算はできるのだ。勉強の拠点は近所の「札幌市公文書館」とした。

我が家の近所=中島公園の近所。近所から近所への交通費はゼロである。経済学的にも正しい選択をしたと思う。なかなか科学的思考ではないか。

この辺で屁理屈はお仕舞いにして本題に戻ろうと思う。 
天文台詳細情報はこちら→ 札幌市青少年科学館・札幌市天文台

ところで、昔の天文台は天文を学ぶ雰囲気があった

開設当時の札幌市天文台内部
1958年開館。凄い!学生が学生服を着ている。札幌市公文書館所蔵

外見も少し違っていた。ビルもなく見通しが好く、いかにも天文台。

開設当時の札幌市天文台外観
屋根についているのは雪印のマークかな? 札幌市公文書館所蔵

この天文台は1958年開催の「北海道大博覧会」で雪印乳業館として建てられた。当時は中島公園から天の川がみられたという。

最近思うのだが世の中、必要以上に明るすぎないか。24時間営業店や自動販売機は必要なのだろうか。様々な光が星を見にくくしている。そして電力を消費している。心豊かな暮らしに何が必要か見直す必要がある。 

遊べる天文台です

天文台の斜面で遊ぶ子供たち
子供たちのカラフルなアノラックが奇麗だ。天文台のある場所は昔、岡田山と呼ばれ、もうすこし高くてスキーなどする子供たちで賑っていた。今でも子供たちがソリ滑りなどをして元気に遊んでいる。

中島公園パーフェクトガイド
2015年12月10日更新
中島公園パーフェクトガイド

札幌市天文台関連リンク

札幌市青少年科学館・札幌市天文台
札幌市天文台(ウィキベディア)

中島公園の施設(利用案内を含む)

中島公園の野外彫刻
札幌コンサートホールKitara
北海道立文学館
日本庭園・八窓庵(国指定重要文化財)
豊平館(国指定重要文化財)
札幌市人形劇場こぐま座
札幌市天文台
中島児童会館
札幌市中島体育センター
中島公園庭球場(テニスコート)
ボートハウス(貸しボートと食堂)
自 由 広 場
鴨々川水遊び場
遊戯(ちびっ子)広場
飲食 ・ 売店(中島公園内)
冬季閉鎖施設

札幌市天文台の四季

春、桜の陰の天文台
春、天文台付近で花見する人は多い。

夏、緑の上に天文台
夏、豊平川花火大会の見物席? 高さとスロープが花火を見易くしている。

秋、黄葉の中の天文台
秋、芸術の秋。 写真を撮る人、絵を描く人はこの丘の下、豊平館の向かいに多い。 

冬、天文台でソリ遊び
冬、スロープを利用してソリ滑りが盛ん。

趣味は中島公園散歩なので、どうしても天文台の外側ばかりを見てしまう。中に入れば、一生懸命観測する人たちの姿を見れるだろう。 

ただ、天文台から出入りする人を見ることは少ない。通りすがりだから当たり前かも知れない。取材の必要性を感じながらも延び延びになっている。

札幌市天文台を紹介

ドームの覗き窓?
ドームを開けて天体観測。

20cmの屈折望遠鏡
20cmの屈折望遠鏡。

天文台の斜面を利用してそり遊び
斜面を利用してそり遊び。 
階段を上がって、滑って下りる。

天文台がソリ遊びのスタート地点
天文台(岡田山)からスタート。楽しそう。

天文台のある風景

この10年間背景が変わっても変わらぬ天文台。白いドームが自然の中で映えている。天体の中の地球を感じさせてくれる。


豊平館より見た天文台。2003.6.1撮影


芝生が青くなった頃。2004.4.14撮影


天文台と花見と鴨。2012.5.14撮影

ページのトップへ戻る