利用案内に代わってリンク紹介

藻岩山を望む中島公園庭球場は地下鉄幌平橋駅より徒歩1分。 
2番出入り口を出て公園を右に見ながら道なりに行けば右側にある。
5月1日より積雪時まで利用できる。有料。夜間照明もある。
利用案内は公式サイトをクリック! → 中島公園庭球場/札幌市

東北地方・北海道で唯一のアンツーカーコート

1954年の北海道国体のために現位置にアンツーカーコート4面を造成した。1969年2面増設6面。水はけを良くする為にレンガ色の人工土を使っている。東北地方・北海道ではここだけにしかない特別なコートとして人気が高い。

コートの裏は巨大なポプラ並木、初夏には可愛い親子鴨

コートの東側に鴨々川が流れている。菖蒲池が凍結する冬は、鴨の溜まり場になっているが、初夏の頃は親子鴨の通り道になっている。親子の鴨は、この辺から川を下ってキタラの方にまで来ることが多い。 

古いテニスコートも趣があっていいが、コートの直ぐ裏に小川があって、小鴨が母鴨にヨチヨチとついて泳いだり、歩いたりする姿も可愛いものだ。


画像の左側は幌平橋駅、テニスコートは右側。フェンスの一部が見える。

夢は大きくデビスカップ戦 札幌市中島公園庭球場


「札幌テニス協会としては、いつの日か、このアンツーカーコートにデビスカップ戦を誘致するのが、年来の大きな夢ということだ」(札幌文庫84中島公園)観客席収容人数 約1,500人、夜間照明あり、運営は札幌テニス協会。

冬のテニスコートは巨大なキャンバスのようだ

「なんじゃこれ」
「冬のテニスコートです」
「そんなことは分っている。何の為の写真だと言うのだ」
「テニスコートは冬は閉鎖されていますね」
「当然だ」
「犬も猫も、用事のない人も入れません」
「そりゃそうだ」

「こちらは池です」

「立入禁止なのに足跡があるぞ」
「一体何の足跡でしょか。美しくないですね」
「そりゃそうだ。勝手に歩いているんだから」

「比べて見れば、テニスコートは真っ白なキャンバスの様で美しいです」
「黒い影が墨絵のようだな」
「フェンスとポプラの影です。 太陽の高さ、光の強さでいろいろ変わります」

2012年4月18日
中島公園パーフェクトガイド

中島公園の施設(利用案内を含む)

中島公園の野外彫刻
札幌コンサートホールKitara
北海道立文学館
日本庭園・八窓庵(国指定重要文化財)
豊平館(国指定重要文化財)
札幌市人形劇場こぐま座
札幌市天文台
中島児童会館
札幌市中島体育センター
中島公園庭球場(テニスコート)
ボートハウス(貸しボートと食堂)
自 由 広 場
鴨々川水遊び場
遊戯(ちびっ子)広場
飲食 ・ 売店(中島公園内)
冬季閉鎖施設

中島公園庭球場周辺情報


中島公園庭球場入口


春には桜咲くテニスコート周辺。


夏には早朝テニスも行われている。


周辺で烏が巣作りすることもある。


中島公園庭球場前の募集看板。

地下鉄幌平橋駅付近の風景

地下鉄駅から庭球場は徒歩1分だが、いろいろな風景に出会える。


鴨々川沿いのポプラ並木。


鴨々川のマガモ。 夏は居ないこともある。


鴨々川周辺のドバト。

季節限定の風景


6月~8月には親子鴨が現れることも。


池が凍結する冬は鴨のたまり場となる。

ページのトップへ戻る